狭いが勝ちか、スプレッド競争の臨界点-SBI FXトレードのケース(第1回)

日本のスプレッドは“おもてなし”精神

 日本のFX会社の取引高は世界的に見ても非常に多い。2013年6月にGMOクリック証券やDMM.com証券の取引高が1兆ドルを超えた時には世界的に大きなFXのニュースとなった。取引高が増加した背景には、「狭いスプレッド」が挙げられる。スプレッドが狭ければ狭いほど、投資家にとってはプラスに働く。ゆえに、顧客へのサービスとして一番眼に見えやすいのがスプレッドを狭くすることなのである。海外のFX会社と比較して、非常に狭いスプレッドは、日本のFX会社特有の顧客への“おもてなし”精神の表れと言ってもよいかもしれない。


 このスプレッド競争、いったん始まったら、まるで狂想曲のように激化して行った。個人的には、「お互いの利益のために、スプレッド、このあたりで手を打とうじゃありませんか」と協定を結べば良いのになどと思ってしまうがそういう訳にも行くまい。もし、自分の利用しているFX会社がこの競争のせいで倒産などでもしたら困ってしまう。それを考えると顧客のために行っているはずのスプレッド縮小サービスは両刃の剣のような気がしないでもない。

 特に、2012年、スプレッド競争は熾烈を極めた。その火付け役となったのが、2012年5月にFXを開始すると同時に米ドル円0.19銭のスプレッドを打ち出したSBI FXトレードである。そして矢継ぎ早に、8月には30万通貨までのスプレッドを0.39銭へと縮小した(注:同社は、1通貨単位から取引可能で、スプレッドは注文数量が少ないと狭く、多いと広がる仕組みを取っている)。

 SBI FXトレードに煽動されるかのように、同じ8月、GMOクリック証券、DMM.com証券の両社とも米ドル円のスプレッドを0.3銭に縮小した。すると、8月後半には、SBI FXトレードは米ドル円のスプレッドを、1万通貨までを0.15銭、30万通貨までを0.29銭へと引き下げ、さらには2013年2月に米ドル円のスプレッドを0.1銭まで縮小させた。

 しかし、2013年7月になると、SBI FXトレードとGMOクリック証券は米ドル円のスプレッド拡大に動いた。SBI FXは0.29銭(1万通貨以下の取引)に引き上げ、GMOクリック証券は0.4銭に引き上げたのだ。このスプレッド拡大という、コペルニクス的転回の事象に戸惑った方も多いはずだ。たぶんほとんどの人が、もうスプレッド競争も限界に来たため、拡大方向に動いたのだと感じたのではないかと思う。いったんどこかが拡大すれば、自分のところも安心して上げられるんだな~、と個人的には思えた。

 そして、10月、SBI FXトレードは米ドル円(1万通貨以下の取引)を0.27銭に、11月には豪ドル円(1万通貨以下の取引)を0.77銭に縮小した。GMOクリック証券も豪ドル円を0.8銭に、そして12月には米ドル円を0.3銭に縮小している。再び、果てしないスプレッド競争が始まるのか?  

 近年のスプレッド競争を先導して来たと言っても過言ではないSBI FXトレードにこういった同社の最近の動向の背景について話を伺った。

狭いが勝ちか、スプレッド競争の臨界点-SBI FXトレードのケース『良過ぎるスプレッドの弊害』(第2回)に続く)

Advertisement