2012年年間取引高世界第1位は『GMOクリック証券』

【オリジナル配信】

 フォレックス・マグネイトは、2012年下半期(7月-12月)および年間のリテールFX取引高ランキングをまとめた。その結果、前回2012年上半期取引高世界第1位であったGMOクリック証券が、下半期・年間共に世界No.1に輝いた。年間ランキング上位10社の中での同社のシェアは16.6%であった。

 GMOクリック証券のくりっく365の取引高は低迷しているものの、OTC取引は年末にかけて取引高を大幅に回復させ、シェア拡大を順調に続けている。

 2012年、同社では強力な知名度と商品の多様化をバッググラントに加え、スプレッドの縮小キャンペーンを積極的に展開し、USD/JPYは0.3銭、EUR/USDは0.6pips等原則固定のスプレッドを提供していることによって、取引高増加に繋がった要因の一つであると考えられる。また、初心者から上級者まで対応出来る取引ツールの独自性と使い易さも既存ユーザーに評価され、継続的な取引に結びつき、取引高の増加に貢献したとみられる。

 グローバルランキング全体を見ても、上位5社の内3社が日系企業という日本市場の勢いはまだ続いているようだ。GMOクリック証券を含め、既に海外進出を果たしている日系ブローカーは数社存在するが、今後日系ブローカー達が海外市場で本格的に活動するトレンドが来るのか、また、日系企業の海外進出に対する外資企業の対抗策に注目したい。

2012H2-Y-ranking

GMOクリック証券関連記事

Advertisement