【国内動向】GMOクリック証券、6月に続き7月取引高も1兆ドルを超える

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 今年は、日本のFX取引業者のリテール顧客の取引高は月を追うごとに増加し、世界最大の地位を維持している。それは世界全体のFX取引高の30%-40%を占め、6月に初めて、GMOクリック証券とDMM.com証券の2社が6月1兆ドル超の取引高を計上したように、さらなる拡大が続いている。

 GMOクリック証券は、6月の1兆1,040億ドルに続き、7月も1兆700万ドルの取引高をあげた。

 昨年は世界的にFX業界全体が不調であり、確固たる顧客基盤を保有している同社であっても、2012年7月は、今年7月の取引高の半分以下の3,090億ドルの取引高だった。今年は、為替市場のボラティリティが貢献して、業界全体は好調に推移している。

GMO Click Total FX Monthly Volumes ($billion)

GMOクリック証券月間FX取引高(単位:10億ドル)

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement