X Financial Solutions社、カスタマイズ可能なソリューションを提供するプロバイダー4社と提携

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 X Financial Solutions社は本日、Xオープンハブ環境に対する取引ソリューションを提供するパートナー4社との新たな戦略的提携を発表した。

 フォレックス・マグネイトの5月のキプロスIFXEXPOで、Xオープンハブに対しいくつかの新しいプロバイダーが自社の技術を統合することを予定しているという発表がされたが、それが今回の提携によって明らかになった。

 同提携に関するパートナー4社のコメント/詳細:

  • トレーディングツール・プロバイダーのMT4i社、事業開発パートナーのJohn Morris氏:「クロスプラットフォーム・ベースでFXのブローキングや投資コミュニティに高品質のツールやサービスを提供するという当社の戦略を発展させることができますので、この提携を歓迎しています。」
  • プラグインとリクイディテイブリッジ・ソリューションのTools4Brokers社は、最近同社のFXの技術・知識を他のプラットフォームへ提供し始めている。同社の、取締役のElina Bagautdinoba氏:「新分野の開拓を熱望しているFX会社にとって、当社がプラットフォーム用のソフトウェアプロバイダーになれることをうれしく思っています。」
  • 低レイテンシー自動ニュース取引プラットフォーム・プロバイダーであるRobotero社、共同創設者のPiotr Gabryś氏:「当社はXオープンハブとのwin-winの関係のパートナーシップに合意しています。なぜならば、それはフレンドリーなAPIベースの統合環境を提供し、またすべてのFX会社が当社のプラットフォームを利用し、投資家にXオープンハブを適用することによって、当社のマーケティングが優位になるからです。」
  • この提携では、有名な自動アジェンダトレーダープラットフォームの統合されたバージョンを作成するTradeEscort.com社が、彼らのチャートとトレーダーツール設備を提供する。アジェンダトレーダープラットフォームは、半自動化されたセットアップと取引管理コンポーネントと自動オーダーサイジングの統合リスク資金管理が主要機能であり、この機能はトレーダーに高速な取引を可能にさせ、エラーレートを減少させる。

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement