ビットコインの世界とは何か? Part 2:安全性

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 ビットコインとは何かの議論を続けるために、今日は安全性を概括してみる。Part 1では、背景と基盤、元帳である「ブロックチェイン」を議論した。

 安全性はどうか?

 ビットコインという言葉とハッキングという言葉を、同じ文章内でしばしば聞いたことがあるかもしれない。ビットコインは、デジタル・カレンシーとしてデジタル・ワレットに存在する。驚くにはあたらないが、強盗が銀行と財布を狙うように、デジタル通貨でも同じだ。強盗が安全上の唯一の問題ではなく、取引所とサービスのハッキングが見られる。ワレット・ハッキング、DDoS及び「51%攻撃」に焦点をあてる。

 ビットコイン・ワレットには、2つのタイプがあり、個別ワレットとクラウドベースがある。個別ワレットでは、ユーザーがワレットアプリをPC又はモバイルにダウンロードする。ソフトは、入出金ができるように特別なアドレスを設定する。(Part 1で、ビットコインの所有権を確認するために、ブロックチェインを使用すると述べた。)一方、クラウドベースのワレットがあり、ユーザーは第三者に保管されるビットコインを使用することになる。第三者に口座を登録したユーザーは、特定のアドレスを提供される。

 現在、ワレットをいかに安全に保つかが、ビットコイン関連企業が直面している問題だ。特に新規立ち上げの企業にとっては、ビットコインの安全なホストサービスを提供できるかが重要視されている。この点について、Coinsetter社の創業者CEOであるJaron Lukasiewicz氏に尋ねたところ、「安全性への要求は重要であり、場合によってはプラットフォームのパフォーマンス以上だ。」と語った。

 DDoS

 DDoSとは何だろう?Wikipediaは、DDoS攻撃を踏み台と呼ばれる多数のコンピュータが標的とされたサーバなどに対して攻撃を行うことであると定義している。ビットコインの世界は、妨害により停止する。ビットコインが妨害される場合、新たなビットコインが分配されないように攻撃が起きる。妨害者はDDoS攻撃を利用し、参加者が新たなビットコインを入手できないようにする。

 51%攻撃

 51%攻撃は、すべてのクリプト通貨のアキレス腱と呼ばれる。ビットコイン・ペイメント・トランスファー・テクノロジーの基盤は、ブロックチェインである。ブロックチェインは、各コインのアイデンティティと各アドレスが表示される元帳を含んでいる。仮にビットコインをハッキングする場合は、Trojanウイルスの代わりにブロックチェインを乗っ取り、取引に入り込むことだ。

 ビットコイン・コミュニティーでは、アタッカーがビットコイン・ネットワークに使われているコンピューターパワーの50%以上を支配できれば、不意の一撃が可能だ。世界中のビットコインユーザーが、公共ネットワークをシェアして利用しているので、コンピューターパワーの51%以上の支配は、ブロックチェインのコントロールパワーを得ることになる。(51%攻撃を制限する方法についての情報はこちら)

 ビットコインをシャットダウンするには、51%攻撃がその方法だろう。

 Part 3では、ビットコイン関連企業、商品提供者、取引サイト、ブローカーに焦点をあてる。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement