【海外FXニュース】トムソン・ロイター社、FXall社 4月取引高 安定

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 トムソン・ロイターと買収されたFXallが、4月の取引高を発表した。トムソン・ロイターの日次平均取引高(ADV)は、3月の1,310億ドルから1,300億ドルへ若干減少した。前年比とほぼ変わらない。FXallでは、RelationshipとActive Tradingの部門合計で1,080億ドルとなり、2月、3月の記録を若干下回った。

 トムソン・ロイターの取引は減少したが、FX取引サイトでは首位を維持し、ICAP社のEBSが1,280億ドルで、僅差の2位に着けていた。

 ECNの世界で各社は、取引機会と競争の狭間にいる。欧米の規制は、取引先リスクを緩和するために、マルチ・ディーラー・プラットフォームを推奨している。これは、ECN業界を後押しする。一方、競争は、Tradition社のParFXやLMAX Interbankの新たなサイトのローンチにより、厳しさを増している。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement