oneZero社 CMAP社の買収を発表し 新部門を立ち上げ

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 テクノロジー及びブリッジプロバイダーであるoneZero Financial Systems社は、Capital Market Access Partners(CMAP)社の買収を発表した。2社は、これまで実際に協働してきた。oneZeroは、このディールに加え、oneZero Hosted Servicesのローンチを発表した。oneZero Hosted Servicesは、同社の新部門で、リテールFXブローカーによるクラウドベースのリモート・リソース・モニタリングをホストする。

 CMAPの社長であるStephen Leahy氏は、顧客へのレターの中で、oneZeroに買収されることでソリューションやサポートに対する顧客の利便性が高まるとコメントした。同氏は、「重要で、エキサイティングなニュースです。3年間の密なリレーションシップに基づき、CMAPは、oneZeroに買収されます。対応、サポート、ソリューション、サービスの各提供において前進します。oneZeroが、MT4やその他プラットフォーム向けに、リスクマネジメント・ツールの次世代版をローンチしますが、CMAPのプライベート・ラベル顧客は、今後も、同じ商品とサービスの提供を合併した会社から受けることができます。」と述べた。

 今回の買収により、oneZeroは、CMAPの専門性に関するセールス、マーケティング及びブローカーへのカスタマイズ・ソリューションの強化が可能となる。oneZero FinancialのCEOであるAndrew Ralich氏は、「当社は、ブローカーへのSaaSソリューションが、この数年拡大していることを見て来た。このソリューションの多くは、リスクマネジメント・ツールやリクイディティ・プロバイダーを選択できる柔軟性に欠けていた。CMAPは、この分野のリーダーとして、oneZero Hosted Servicesの提供を開始する。」と述べた。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement