Trading Technologies社 新APIを発表

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

プロフェッショナル・デリバティブ・トレーダー向けの世界的なソフトウェア及びソリューション提供者であるTrading Technologies International社は、新たなアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)であるTT APIをリリースした。この新APIは、エンド・ユーザーと第三者がより早く、計測可能なトレーディング・アプリケーションをTTプラットフォーム上に装備することを可能にした。TT APIは、X_TRADERRProのユーザーには無償で提供される。

TT APIは、従来のAPIに比べ格段に低いレイテンシーと、より大きな処理能力を発揮する。マルチスレッド(独立した複数の処理)の展開をサポートし、TTAPIは、同一ロケーションのサーバー又はトレーダーのデスクトップから設定されるアプリケーションを受け入れる。加えて、TTのストラテジー・エンジン・サーバー上で管理されるスライサーやスプレッドのような複雑なシンセティック・オーダーは、TTAPIを利用する単純なオーダーとして管理される。

TTの高性能取引ゲートウェイの一式として統合され、TT APIは、アプリケーション・ディベロッパーに、世界の主要デリバティブ市場の標準化された見方を提供する。一市場のために開発された、一つのTT API トレーディング・アプリケーションは、時間を要するコード変更や広範囲な再検証なしに、他の市場向けに再設定することが可能だ。

「TT APIは、TTプラットフォーム上に、より素早い計測可能なトレーディンク・アプリケーションを書き込む手段を開発者に提供できる。」と、TT社のシニア・プロダクト・マネジャーのTom Haldes氏は述べ、さらに「私たちの、米国、欧州、アジアの十数社を巻き込んだベータ・テストは成功裡に終了した。TT APIは、多数の市場及び条件に沿って段階的に設定されてきたが、現在は、世界中で一般的に使用可能となった。」と付け加えた。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement