FXトレーディングとスポーツスポンサー

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 イギリス プレミアリーグ West Ham UnitedのスポンサーとなったAlpari社の記事の後に、私たちは多くのフィードバックを受け取り、2月の記事では、関心の高い記事の1つとなった。記事は、スポーツスポンサーの費用対効果を語る引き金となった。

 一層の洞察のために、今日は、スポーツ・ゲームメディア コンサルティング会社であるSports Media Gaming(SMG)社の創立者CEOのStephen Pearson氏をゲストに迎えた。マーケティング・プロとして、Pearson氏は、両業界で働いた経験を持つ。UEFAとプレミアリーグで働き、今はスポンサーの代理を務めている。

FXトレーディングとスポーツスポンサー

 FXブローカーが、スポーツスポンサーとしての投資額によって、ランキングされるなら、上位2社は、FXpro社と僅かの差でAlpariFX社だ。

 FX企業が、スポーツスポンサーとなることを止める兆候は見えない。その理由は、意外に単純だ。スポーツスポンサーになることに、次のようなメリットが見える。

  • 「ワンストップ・ショップ」による、グローバルなブランディング効果
  • FXトレーダーの圧倒的多数が男性であることとの共通点
  • スポーツが「ビッグ・ブランド・ステータス」を提供する。FX企業は、確立されたブルーチップスポンサーの脇に位置している
  • マーケティングミックスによる投資効果(ROI)を高める要素として、オンライン、オフラインメディア効果のコンビネーションが生きる

Source: WPP
Source: WPP
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement