【国内動向】大和証券グループ、リテラ・クレア証券に対する公開買付けを発表

【オリジナル配信】

証券会社大手の大和証券グループは、1月29日、リテラ・クレア証券の普通株式、新株予約権を公開買付け(TOB)する決議を行ったと発表した。リテラ・クレア証券は、昨年12月25日にも、6月1日を効力発生日として、立花証券へインターネット事業を売却する契約を締結していた。

大和証券グループは、平成24年9月30日現在で、リテラ・クレア証券の発行済株式の8.68%を保有し、第2位の株主となっている。今後は、リテラ・クレア証券を完全子会社にする意図はなく、対面取引事業へ事業戦略を展開していく予定とのことである。

詳細は、大和証券グループ本社のプレスリリースで公開されている。

Advertisement