【国内動向】日産センチュリー証券、大証FXでの取引シェアが2か月連続で50%達成

【オリジナル配信】

大阪証券取引所における外国為替証拠金取引(大証FX)において、日産センチュリー証券が2012年11月および同12月に、取引シェアが50%を超えた取引高を達成したと発表した。

日産センチュリー証券は、国内業者のなかで唯一、MT5(メタトレーダー5)の導入を発表している。今後の動向に注目したい。

日産センチュリー証券のプレスリリースは、こちら

Advertisement