【海外FXニュース】IGグループ 2012年 仮決算数値発表:数値著しく低下

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 FX及びCFDの大手業者の1社であるIGグループは、2012年上半期の仮決算状況を発表した。想定通り、各数値は減少した。数日前、英国の競合相手である、London Capitalグループが、同様に、下落した数値を発表した。

 IG Group Holdings plc社 (IGグループ)は、2012年11月30日に終了した、2012年上期の仮決算を発表した。

要約:

  • 純トレーディング収益 14%ダウン 169百万ポンド
  • 税前利益 21%ダウン 81.1百万ポンド
  • 希薄化後EPS 22%ダウン 16.04ペンス
  • 暫定1株当たり配当金 5.75ペンス、前年に同じ

Tim Howkins, CEO IG Grouup (right) CEO であるTim Howkins氏のコメント:
 「今年に入って、これまでのところ、市場環境は、業界にとってチャレンジングなものだった。市場のボラティリティが低下し、投資家のセンチメントが希薄な中で、私たちは満足できる結果を得たと思っている。今後も、適正レベルのIT、マーケティングへの投資を続け、長期的な投資と短期的な収益性のバランスを図って行く予定だ。強固な財務基盤に支えられ、営業展開している各国で見込み客が増加している。長期的に業界のリーダーとして適正な成長率を達成出来ると信じている」

 

Tim Howkins, CEO IG Group (右)

igfinancialsummary

iggraphicresults

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement