【海外FXニュース】ゲインキャピタル社、投資家向け資料を発表『モバイル使用率増加で総リテール取引量の11%に』

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

ゲインキャピタル社は金曜日、投資家向けプレゼンテーション資料を発行し、いくつかの興味深い内容が明らかになった。

モバイル取引:

  • 過去12カ月でモバイル取引は330%の成長率
  • アクティブ顧客の取引の51%がモバイル端末からの取引
  • 取引数60%増加
  • 取引量56%増加
  • 入金額30%増加

執行能力:

  • 取引の99.7%が1秒以内に執行
  • 平均執行スピードは0.06秒
  • リミット注文の実行価格が65.3%改善
  • リミット注文の注文価格と実行価格の平均差は0.85pips
  • リミット注文が注文価格もしくはそれより有利な価格で実行される割合は100%

成長計画:

  • 資本要項と法令順守にかかるコストは業界内の合併を促進し続ける
  • 株主の利益を生み出す潜在的チャンスの継続的評価、特に手数料ベースの収益
  • 2012年第1四半期末の1兆2,900万ドルのポジション強固なオペレーティングキャッシュが買収を後押し

商品:

  • 新しいCFD商品を2012年夏に開始予定
    • 取引経験の差別化に焦点を当てる(コミュニティー/ソーシャル取引機能の統合、自動取引能力や革新的な分析ツール等)
    • 200種以上のCFD取引(インデックス、コモディティ、セクター、FX)
    • 2012年下半期の積極的なグローバル展開計画
  • 炭化水素を含む法人向け商品の拡大
    • 非ドル建て取引とバスケット取引能力を含む商品の差別化

View this document on Scribd

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement