【国内動向】DMM.com証券 11月取引高 ホームラン!!

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 DMM.com証券は、11月の取引高を公表した。取引高は、前月10月の2,680億ドル比、30%増の3,536億ドルへ急増した。2012年の年間取引量は、変動が激しく、日本の第2位のブローカーとして、夏場は取引が激減したが、外為ジャパンの買収効果もあり直近は、大きくリバウンドした。

 DMM.com証券の11月の取引高は、GMOクリック証券くりっく365の結果から、増加が期待されていた。どちらの取引高も、円のボラティリティの上昇から、急騰していた。DMM.com証券の取引結果は、円ボラティリティの上昇に影響を受けた他社と同様だった。EUR/JPY、USD/JPY、AUD/JPYが、DMMで最も取引された通貨となった。日銀が12月に向けて市場刺激策を継続する姿勢を示したことで、円は弱含んだ。12月は年末の休日が控えているが、12月の取引高が11月並みとなるか否か興味深い。


DMM.com証券 2012年月別取引高(単位:10億ドル)
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement