【海外FXニュース】サクソバンク、現地ブローカー買収で正式にトルコ進出

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

今年の三月にお伝えしたように、サクソバンクは同社の拡大計画において最も重要なターゲットの一つであるトルコに遂に進出した。
サクソバンクが現地ブローカーの買収に取り組んでいるという噂があった中、サクソバンクの共同設立者兼共同CEOであるLars Seier Christensen氏はイスタンブールでトルコ現地支店開設の発表を行った。

サクソバンクは証券のライセンスを保有する小さな現地ブローカー「Değer Menkul Değerler社」の買収を完了した。(89.5%を取得)
同社はSaxo Capital Markets Menkul Değerler A.S.と社名変更し、間もなく現地業務を強化し始める予定だ。

トルコは最近、この巨大なマーケットからブローカーの大量流出をもたらすFX規則を制定した。
約11社が、既に新たなFXライセンスを受理し、その他にも数社が手続き中である。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement