SwiftがMarkitServ社と提携し、FX清算サービスを提供

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

FXの清算分野に新しいライフラインが加わった。ポストトレード大手のMarkitServ社が支払いサービス専門のSwiftと提携し、世界で最も取引されているアセットクラス『FX』の高度な清算サービス一式をリリースしたのである。

この提携により、Swiftは、MarkitServ社がポストトレード清算を行うネットワークを通じて、高度なデータ送信の提供が可能となる。

MarkitServ社は米DTCC社の傘下にあり、UKのMarkit社はFX清算分野の中心的存在としての地位向上に強い意欲を示している。
同社は、Swiftのネットワークに送られる全てのNDF FX取引について、ディーラーやバイサイド業者に取引キャプチャーや処理能力、クリアリングハウスの接続性を提供する狙いである。

OTC商品の透明性を高める目的で改革された新しいドッド・フランク法施行後、FXの清算は疑問視されるようになった。

最近、LCH Clearnet社やICEやCME等の取引所のような新しいプレイヤーが、清算分野内でのシェア拡大に取り組んでいる。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement