Gold-i社、MT4をマルチアセット取引対応に強化

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

メタクオート社の最も有名なトレーディングプラットフォーム『メタトレーダー4』は、取引機能を全面改造した。
このプラットフォームは先物と株取引にまで対応範囲を拡大し、これによりプラットフォームの機能性や利用範囲を広げている。

取引システム統合における世界的マーケットリーダーであるGold-i社は、世界で最も有名なFXの取引プラットフォーム「メタトレーダー」をマルチアセット取引プラットフォームに変革し、業界に革命を起こしている。

Gold-i社のゲートブリッジは、FX、先物、株、CFD、インデックス取引をメタトレーダー4とメタトレーダー5で行えるよう開発を行った。
これにより、FXとOTC取引商品のみへのアクセス提供から、全てのアセットクラスの取引オプションをユーザーに提供出来るようになり、メタトレーダーの性能を拡張している。

Gold-i社はPAT Systems社、SunGard GL Trade社、Fastfill社、LMAX社と提携しこの最先端のイノベーションを開発した。

Gold-i社CEOのTom Higgins氏は下記のコメントを述べた。
「現在まで、銀行やブローカーは、世界一有名なFX取引プラットフォームであるメタトレーダーを内外のリクイディティープロバイダーに接続させる最も効果的かつ費用対効果の高い手段としてGold-iゲートブリッジを使用してきました。
メタトレーダーのマルチアセット取引プラットフォームへの変革は、ブローカーにとって既存トレーダーの事業成長と、新規顧客獲得の豊富なチャンスを与えます。」

メタトレーダープラットフォームの拡大により、ブローカーは先物取引のストラテジーを構築するMT4エキスパートアドバイザー(EA)の巨大なネットワークにおいても、新たなチャンスを見出し恩恵を受ける事が出来る。

高性能、機能豊富なGold-iゲートブリッジは、最先端の低レイテンシースマートルーティング商品として認知されている。
このゲートブリッジは、リテールブローカーが法人ブローカーと同じツールにアクセスする事を可能にする。また、自動的に銀行でリテールブローカーのリスクをリアルタイムでカバーし、リテールFXトレーダーにとって公平な場を作りマーケット内の格差を埋めている。
Gold-i社の最新イノベーションはこのゲートブリッジの成功を築き上げ、機能を拡大してブローカーが全てのアセットクラスにおけるリスクに効果的に対応するのに役立つ。

Tom Higgins氏は、「Gold-i社は常にトレーディングテクノロジー界の第一線にあり続けてきました。私達は、メタトレーダー市場に完全なマルチアセット取引を提供する第一人者となれ、大変誇りに思っています。
これは、世界中のメタトレーダーユーザーに新たなチャンスを広げるべく業界初の大きな進歩です。」とまとめた。

Gold-i社はMT4の知識とノウハウを兼ね備えた一流のテクノロジープロバイダーとしての地位を築いている。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement