RBI、インドルピーフォワード取引に規制

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

インドルピーが対ドルで記録的な下落をした後、インド中央銀行はインドルピーのフォワード取引に規制を設けた。

RBIは、資本規制の緩和を目指し自由市場メカニズムを振興してきたが、輸出業者がフォワード注文を出しその後キャンセル、そして有利な為替レート再度注文するという方法でルピーが不正に取引されている事を発見。

インドは2008年に通貨先物取引を導入しFX市場内の問題を軽減しようと取り組んでいた。インドの全3取引所での日次取引高は100億ドルに及ぶ。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement