GFT社、Kindle Fire専用モバイル取引アプリをリリース

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

先週OANDA社から、Google Chromeのブラウザ取引の拡張機能がリリースされた。次なるイノベーションはGFT社からリリースされたKindleの取引アプリだ。この新しいアプリは、UKでアマゾン社からKindle Fireタブレット(現在は米国で入手可能)がリリースされる予定日に合わせ、10月25日からダウンロードが可能となる。

総合的に見て、この発表はブローカーにとって、特に大判スクリーンタブレット市場におけるモバイル取引の重要度を表している。Kindle FireのOSはAndroid OSであるが、現在Google Playストアでは利用出来ない。ユーザーは、アマゾン社独自のアプリストアからアプリをダウンロードする必要がある(一部のユーザーはGoogle Playにアクセスする為にタブレットをハッキングしている)。Kindle Fireのユーザーに自分達の商品を売り込もうとする開発者達は、アマゾンアプリストアに置くKindle専用アプリを構築しなければならない。その為、iPhoneやAndroidで利用可能な多くのアプリは、Kindle Fireには対応していないのである。GFT社の取引アプリの登場は、同社の既存顧客や見込み顧客間でのタブレット普及を確信している事を示している。これに続きこの先、他のブローカーがKindleマーケット専用のアプリをどのくらいのスピードで開発するのか興味深い。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement