パキスタン違法FX業者、当局員に暴行

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

パキスタン連邦捜査機関の5人の職員が、同国の金融都市であるカラチにあるFX取引業者スタッフから暴行を受けた。

法執行官らは、違法なFX取引に関与している疑いのあるブローカーの視察をしにいっていた。
パキスタン証券取引委員会(SECP)はFXを、規制されたアセットクラスとして分類していない。

当局員がその業者を訪れ、到着すると業者スタッフに暴行された。チームの5名が重症を負い病院に搬送された。

パキスタンは巨大に成長したアンダーグラウンドのFX市場があり、顕著な取引高を有する最も古い地域の一つである。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement