スプレッドを引き下げるブローカー後を絶たず

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 2010年と2011年に、FXブローカーの傾向は、ノー・ディーリング・デスクとECN製品(少なくともどちらか一方)を広告していた。2012年を通して、スプレッドとエグゼキューションが中心的話題になった。Forex.com社、Oanda社、すでにディーリング・デスク・オファリングを表明しているFXCM社、及びGFT社のホームページを見ると、彼らの低スプレッド広告か或いは、エグゼキューション・レートが表示されている。スプレッドの強調は、ブローカーが、トレーダーが実際に手にするプライスの方が、マーケット・メーカーやECNを使うかどうかより重要であることを謳っている。

 このレポートに関連して、FX Solutions社は、スプレッドを引き下げた直近のブローカーとなった。Citi Indexグループの米国子会社であるFX Solutionsは、28通貨ペアのスプレッドに最大値のキャップを付け、一工夫加えた低スプレッドのオファーを開始したと発表した。例えば、EUR/USDのスプレッドは、0.8pipsだが、3.0pipsでキャップされている。キャップ・プライシングの目的は、ボラティリティの高い時や経済指標発表時にも低スプレッドをオファーすることにある。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement