不正資金は妻の口座に、インドネシア商品先物取引規制局元局員、汚職で懲役10年を要求される

22日、インドネシアの汚職撲滅委員会(Indonesian Corruption Eradication Commission)の検察官は、ジャカルタ裁判所で、数々の汚職やマネーロンダリングで有罪となった同国の商品先物取引規制局(Bappebti)の元局員であるSyahrul King Sempurnajayaに対して、懲役10年と10億ルピアの罰金の支払いを要求した。

【フォレックス・マグネイト日本版】の原文はこちら

Advertisement