続くFXレート不正操作問題:ラボバンク、新たに2人のトレーダーを休暇に出し内部調査

Rabobank オランダのラボバンク(Rabobank)は、FXレートのスキャンダルについて引き続き調査を行っている。メディアが報じるところによると、同行はさらに2人のトレーダーに休暇をとらせる措置に至ったとされている。この動きは、次々に複数のシニアトレーダーが解任されるこのスキャンダルの深刻さを物語っている。

【フォレックス・マグネイト日本版】の原文はこちら

【関連記事】

Advertisement