マルタ金融庁、FX業者のライセンス規制強化、資本要件引き上げる

 マルタ金融サービス庁(MFSA)は、マルタでオンラインFX取引サービスを提供できるカテゴリ2・3の投資ライセンスの申請について通達をした。

 欧州の当局らによるリテール投資家へのFX取引リスクに関する警告に続き、MFSAはマージンFXサービスの提供を希望する業者のライセンス付与条件をより厳格な内容に更新する。同局によると自動売買システムに頼る事でリテール投資家が抱えるFX取引リスクはより高くなり、FX取引商品の複雑な性質と同商品にアクセスしやすい事がこのライセンス付与条件の厳格化へと繋がったという。

【フォレックス・マグネイト日本版】の原文はこちら

【関連記事】

Advertisement