米司法省、LIBORレート不正操作でラボバンクの元従業員を起訴

Rabobank オランダのラボバンク(Rabobank)の元トレーダーが、指標金利であるロンドン銀行間取引金利(LIBOR)レートの不正操作に関わったとして米国司法省に起訴されており、米国司法省は2人の英国トレーダーを起訴した事と、日本とオーストラリアのトレーダーに有罪判決を下した事を16日に発表した。この問題は、LIBOR不正操作問題の深刻さを強調している。

【フォレックス・マグネイト日本版】の原文はこちら

【関連記事】

Advertisement