EBS社、システム停止障害に見舞われるが取引は好調

 大手通貨ディーラーのEBS社は、15日、短期間ではあるがプラットフォームの機能が停止する技術的問題に直面したにも関わらず、好調な取引アクティビティを記録した事を発表した。

 アルゴリズム自動取引ソリューションを提供するEBS Aiは、ユーザーとその核となるスポット取引プラットフォームを接続するブリッジが、15日のロンドン市場オープン後に機能停止する事態となった。同社によるとこの障害は午前10時25分に発生し、停止したのは25秒間で僅かな数のユーザーにしか影響はなかったという。

【フォレックス・マグネイト日本版】の原文はこちら

【関連記事】

Advertisement