FXCM社、8月実績公開『取引高減少』

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

上場FXブローカーディーラーであるFXCM社、8月の実績を発表した。数値は一般的な市場と同じトレンドを示し、リテール分野では雪だるま式で取引活動が減少しているのが明らかだ。

2012年8月
リテール取引実績

  • リテール顧客取引高は2,710億ドルで、前月比6%減少、前年同月比26%減少。
  • リテール顧客の日次平均取引高は118億ドル、前月比10%減少、前年同月比26%減少。
  • リテール顧客日次平均取引枚数は320,787枚、前月比10%減少、前年同月比31%減少。
  • 8月31日時点での取引可能口座数は207,660口座、前月比0,4%(915口座)増加、前年同月比19%(32,716口座)増加。

法人取引実績

  • 法人顧客月間取引高は500億ドル、前月比17%減少、前年同月比58%減少。
  • 法人顧客の日次平均取引高は22億ドル、前月比20%減少、前年同月比58%減少。
  • 法人顧客日次平均取引枚数は5,921枚、前月比6%減少、前年同月比では29%減少。

同社CEOのDrew Niv氏は、「7月に引き続き8月の取引高は、低ボラティリティと季節的影響を反映しています。しかし、夏が終わりメジャー通貨のボラティリティが増加しはじめた為、9月の取引高は顕著な改善を示しています。」と述べた。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement