『クラウドファンディング』、『P2P』、『電子通貨』、最新の金融テクノロジーを巡る議論、FMロンドンサミット2014

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 クラウドファンディングが公開取引所での株式売却の代替えとなってきている事、投資家、貸付機関、通貨トレーダーたちがP2Pプラットフォームでより優位なレートを見出している事、また、トレーダーが、大手メディアよりもずっと早く最新の市場動向のニュースをキャッチする為に使用している検索ツールの事をご存じだろうか。

 金融業界の現在・未来に向けて、フォレックス・マグネイトは来月のロンドンサミットで『Fin Tech(=金融テクノロジー)パネル』を開催する。『イノベーション・ステージ』でのテクノロジープレゼンテーションの後に行われるこのパネルでは、、金融テクノロジー分野で活躍するメンバーが、彼らの会社やこの業界がどのよに金融業界を分断し、新しいマーケットを作り、大手法人にソリューションを提供してきたのかを議論する。

 議論される予定のトピックは下記の通りである:

  • 規制を受けたソリューションとして株を売る為のクラウドファンディングがどのように実現されるのか?
  • ブルームバーグを超える金融ニュース配信の代替サービスは何か?またどのようなイノベーションが新規企業をこのマーケットに参入させるのか?
  • 大手金融機関はサードパーティーとのテクノロジー統合で、顧客と自社データの安全性を維持できるのか?
  • P2Pマーケットプレイスとは?そしてそれはどのようにして銀行取引商品の代替えとなっているのか?
  • ビットコイン等の電子通貨はブローカーやブローカーのトレーディング事業にとって好機となるか脅威となるか?

 
参加予定パネリスト:

  • Jeff Lynn氏(Seedrs社)
  • Andrew Lane氏(Acuity Trading社)
  • Andy Caspersen氏(Wickr社)
  • Phillipe Gelis氏(Kantox社)
  • Travis Dahm氏(Current Desk社)

ロンドンサミット2014の参加登録はこちら(間もなく締め切り!)

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement