Leverate社、キプロスブローカーと提携し、B2B向け新サービス提供へ

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 FXテクノロジープロバイダーのLeverate社は、キプロスの新規ブローカーであるCWM FX社と提携し、ブローカーやホワイトラベル顧客向けのサービスを拡大する。CWM FX社は、自らを『Leverate Financial Services Limitedによって運営』と謳い、CySECのライセンスとLeverate社のSirix取引テクノロジーを活用する。

 本件についてフォレックス・マグネイトはLeverate社に詳細を尋ねると、同社はCWM FX社との提携を認め、最近業界で流行っている他ブローカーのライセンスを使用したクローンサイトではない事を述べた。

 CWM FX社は、Leverate社によって公けに売り込まれていないため、現時点ではこの提携について詳細情報を公開する事ができない。ただ分かっている事は、ライセンス保持、コンプライアンス、支払いプロセス、リスク管理に関するサービスが付加されたプラットフォームを顧客に提供する予定であるという事だ。これに関して私達は、CWM FX社が、現在個人顧客をターゲットとせず新規参入ブローカーにライセンス付きの事業体を提供しCySECの規制を受けるLead Capital Markets社と同様のサービスを最終的に提供するのではないかと予想している。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement