大手ポータルのfxstreet社、変革に向けCEO交代

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

fxstreetは、10年程前に立ち上げられ、現在ではFX業界における有数の大手ポータルサイトにまで成長した。
同社はここ数年、市場勢力図の変化(多数のブローカーが設立された時のトレンドと同様)に直面し伸び悩んでいた。

Francesc Riverola氏は、fxstreet設立から同社をけん引してきた。しかしこの数年、役員チームは徐々に次世代のマネージメントに任せてきた。そして、Francesc氏は、新しいCEOにポジションを譲る準備が出来、自らはCEOを退任する予定である事を発表した。
同社の前マーケティング責任者のCarolina May氏がCEOを引き継ぎ、アルゼンチンから指揮をとる。
Francesc氏と2人の創設パートナーは経営の任務から降り、取締役に就く予定だ。
Francesc氏は同社社長となり、引き続き代表を務める。彼は主要事業から離れfxstreetのソーシャルネットワークサイト(forexstreet.net) や近々公開されるその他のプロジェクトにフォーカスする。

本件が同社の今後の成長にどのように影響するのか興味深い。明らかにこの市場は、マーケティングが左右しているため、マーケティング志向の人物がCEOの座を引き継ぐ事は理にかなっている。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement