速報:豪大手ブローカーPepperstone社、日本在住者の受け入れを終了へ

 本日2日、オーストラリアの大手FX・CFDブローカーであるPepperstone社が日本語サイト及び日本顧客向けのメールにて、日本在住顧客からの新規受け入れを終了し、さらに12月31日に既存顧客の口座も閉鎖することを発表した。

以下は通知メールの抜粋:

日本在住のお客様へ重要なお知らせ

 ここ数ケ月、Pepperstoneではオーストラリア証券投資委員会(ASIC)と蜜接に協議を行い、特に日本在住のお客様へのサービス提供に係る弊社の規定について話し合いを進めてまいりました。

 現在、Pepperstoneでは、日本の第一種金融商品取引業者としての許認可を取得していないため、同許認可を取得するまでの間、日本在住のお客様へサービス提供を行うことが適切ではないとの決定に至りました。
上記決定を受け、本日2014年10月2日(木)以降、日本在住のお客様からの新規口座開設をお受けすることが出来なくなりました。また、既存のお客様に関しましては、2014年12月31日(水)までお取引を続けて頂くことは可能ですが、12月31日の全ポジション決済・口座閉鎖に向けて保有ポジションの管理を行って頂きますようお願い致します。なお、こちらの決定は、日本在住のお客様のみ対象となります。

 5月にフォレックス・マグネイトが「日本金融庁、豪証券投資委員会、豪FXブローカーによる日本居住者の受け入れを禁じる方向へ」の独占記事を取り上げてから、Pepperstone社も含め一部のブローカーから否定の声が上がったが、結果的に日本金融当局と豪金融当局の連携プレーによる影響が明らかになった。今後も同様な動きが広がる事が予想される。

【関連記事】

Advertisement