くりっく365の9月取引高、前月比65.5%の急伸、ドル円に加え英ポンドペアも大幅増加

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 日本で9月のFX取引高を最初に発表したのは東京金融取引所であった。同取引所の9月取引高は急増したがFX市場のアクティビティから見てこれは驚くべき事ではない。

 9月のくりっく365取引数量は3,259,250枚、前月比65.6%増、前年同月比8.5%増であった。日次平均では148,147枚。

 同月、日本人トレーダーは英ポンド関連の取引に注目しており、GBP/JPYの取引高は前月比169%、GBP/USDは139%急増した。

 スコットランドの住民投票により、2001年から2007年の間にキャリートレードとして非常に人気を集めたGBP/JPYのボラティリティが激化した。

 この取引高の大幅増加に最も貢献したのはUSD/JPYで、前月比111.6%の増加を見せた。USD/JPYはついに2008年以来初めて110円を突破し高値を更新した。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement