メタクオーツ社、ドバイに新規オフィス開設、今後は南アフリカにも

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 メタクオーツ社は、アラブ首長国連邦のドバイに新規オフィスを開設した事を発表した。この新設された子会社はMetaFintech社で、ドバイでの正式な代理店としてオペレーションを行う。

metafintech
 同社は、メタクオーツ社が提供する全商品、メタトレーダー4メタトレーダー5、TeamWoxのセールスとテクニカルサポートを提供する予定である。TeamWoxはFX関連商品ではなく、様々な企業でのグループワークを整理する為に設計されたウェブサーバーアプリケーションである。

 同社はオペレーションのベースをターゲットとする 南アジア地域の全ブローカーや銀行が顧客を求めている同地域にオペレーションの焦点を当てる予定であると述べた。また、南アフリカにもオフィスを置き拡大する予定であると発表した。

 新興成長市場は、先進経済市場よりも成長が早く、最も大きい成長のポテンシャルは、人口の多い国に集まる。メタクオーツ社はこれらの新規市場にオフィスを構え、グローバルトレンドを追従している。

 メタクオーツ社COOのGaies Chreis氏は、「UAEにオフィスを確立するブローカーは増えています。従って、当社の同地域への拡大と協力範囲の拡大に関する決断は必要不可欠でした。当社はクライアントの手の届く範囲にいなければなりません。当社は急速に成長し、ドバイにオフィスを持つ事は、南アジア地域協力連続の国々でのアクティビティ拡大を促進するでしょう。」と述べた。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement