Dukascopy社、90%ペイアウトのバイナリーオプションをホワイトラベル向けに提供開始

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

DUKASCOPY スイスのDukascopy銀行は、同社ホワイトライベルパートナーへバイナリーオプション提供を開始する事を発表した。さらに、同サービスはホワイトラベルのインフラに統合されている為、同行のFXブランドは素早くバイナリーオプション取引を顧客に提供する事が可能となる。

 今回ホワイトラベルパートナーにバイナリーオプション取引を提供する事によって、Dukascopy社は、Spotoption社、Techfinancials社、Tradologic社、Marketspulse社、PandaTS社、Leverate社等の開発業者がひしめくバイナリーオプションプラットフォームプロバイダー界に事実上参入する事になる。

 Dukascopy社は2014年5月にバイナリーオプション取引を開始していたが、同社の欧州顧客には5日程前に利用が可能になったばかりである。ホワイトラベルの取引条件は、スイスFXマーケットプレイス(SWFX)プライスフィード、最大90%の固定型ペイアウト、わずか100ドルの最低入金額等、Dukascopy銀行で提供されているものと全く同じである。

 90%のペイアウトは、バイナリー市場の標準的なレベルより高く、Dukascopy社のサービスは他の大半のバイナリーオプションブランドが展開している方法とは少々異なる。取引のボタンがクリックされると、ポジションが実際に建つ5秒からカウントダウンが始まる。実際に執行条件が満たされた場合は、満期のカウントダウンがこの期間が終了した後にスタートする。

 取引ボタンがクリックされた後は、カウントダウンの間、バイナリーオプションのキャンセルや修正する事が出来ない。これは、トレーダーが取引銘柄で“コール”もしくは“プット”オプションを買う選択をした際、各アクションに異なるプライスが提示されるという事を意味する。つまりDukascopy社はFXと同様にバイナリー取引にもスプレッドを導入している。

Dukascopy_Binary_Platform

Dukascopy社バイナリープラットフォーム画面

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement