MT4ブローカー向けのビットコイン・リクイディティ、Ibinex取引所で来年登場

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

ibinex-logo-150x150 メタトレーダー4のビットコイン取引はまだ初期段階ではあるが、様々なブローカーの取引プラットフォームに導入され成長を続けている。昨年、Leverate社Gold-i社等の複数のテクノロジープロバイダーが顧客であるブローカーにビットコインのプライシングを提供し始めた事もあり、暗号通貨は勢いを増した。その後、今年1月にはFXOpen社がビットコインリクイディティサービスを開始し、ブローカーは非CFDベースのビットコイン取引を彼らの顧客に提供する事が可能となった。

 これらの商品の拡大に続き、間もなく登場するのがブローカー向けビットコイン初のリクイディティサービスとしてうたわれているIbinex(インテリジェント・ビットコイン・取引所)である。このIbinexは、Gallant Partners社によって開発され、メタトレーダーブを採用しているFX業者に特化しビットコインのリクイディティを提供するサービスである。

 2015年1月1日のローンチが予定されており、Ibinexはビットコインやlitecoin等のその他の暗号通貨の取引を24時間365日提供する。この取引所のローンチについてIbinexは公式声明で、この24時間365日取引が出来る取引銘柄は、今まで顧客に週末取引が提供できなかったブローカーに付加価値を提供できるものであると確信していると述べた。ブローカーにとって、大半の顧客が休みである週末の取引が可能な事は顧客拡大にも繋がる。

 インターバンク市場とメタトレーダー4ブローカーのFX注文フローを自動でヘッジさせる事が出来るリクイディティブリッジソリューションと同様に、Ibinexも同取引所へのブリッジソリューションを提供する予定だ。Ibinexはメタトレーダー4サーバーAPIに直接接続する事で、結果的にブローカーの顧客は慣れ親しんだプラットフォームでビットコイン取引を行う事が出来ると考える。さらに、メタトレーダー4との統合で、トレーダーは既存のEAを使用する事も可能となる。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement