日本バイナリーオプション8月取引高28%アップ、2ヵ月連続増加示す

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

JP_FFAJ 金融先物取引業協会(FFAJ)は、個人向け店頭バイナリーオプション取引の8月のデータを公開した。先月に続き、8月も顕著な取引高増加が見られた。

 8月のバイナリーオプション取引高は68,828,888,822円で、先月の53,790,714,399円から27.9%増加した。今年5月の68,703,392,696円のレベルを遂に上回ったが、4月の117,561,433,433円にはまだほど遠い。

 日本のバイナリーオプション取引高増加は、同国におけるFX取引高増加に沿っている。日本取引所グループの大阪取引所では8月取引高が前月比23.3%増加した。

binary_trading_volume_Aug2014

 現在日本で個人向け店頭バイナリーオプションを提供している会員は8社(GMOクリック証券、トレイダーズ証券、IG証券、JFX、PLANEX TRADE.COM、ワイジェイFX、ヒロセ通商、FXトレード・フィナンシャル)。各ブローカーの8月の顧客損益は先日の記事で取り上げた。

 通貨別取引高の内訳は、USD/JPYが28,204,626,000円、EUR/JPYが11,042,454,000円、GBP/JPYは13,411,118,000円、AUD/JPYが536,350,000円、EUR/USDが14,095,984,000円、GBP/USDが812,915,934円、その他が725,440,887円であった。

ffajbinaryaugustpairs

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement