特別インタビュー:キプロス当局CySecの委員長が語る信頼性回復や規制の役割

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

Demetra Kalogerou at desk

Demetra Kalogerou, Chairwoman, CySEC

 キプロスでFX業界の中心として地位を確立しているキプロスの証券取引委員会、CySECは業界で非常に重要な役割を担い、世界中のFXやバイナリーオプションのリテール界から注目を集めている。

 フォレックス・マグネイトはCySecの委員長であるDemetra Kalogerou氏に特別インタビューを行い、規制の役割やキプロスショック後の同国の信頼を取り戻す為の取り組み等について話を伺った。

 他の規制当局は現地業界をグローバルプレイヤー達から守る事に焦点を当てている一方、Kalogerou氏の最優先事項は投資家の保護である。欧州の基準に従って、最近報告体制を強化した彼女は「これは究極の目標であり、全ての決定事項の主要な指針です。」と述べた。

cysec しかし、Kalogerou氏は最近の欧州の方策を大局的概念の指標としてこう述べた。「欧州委員会の欧州長期投資ファンド(ELTIF)の規制案は、欧州が各国の規制当局の役割として、投資家保護だけではなく資金調達を通した成長と新たな雇用を創出を期待している事を示しています。」

保護の確立

 Kalogerou氏は、キプロス危機を考慮した現在の同国の状況について「キプロス政府の行動は信頼性回復に貢献してきました。CySecに監督されている大半の企業はキプロスから撤退したくないと表明しています。さらに、それらの企業は、この市場でのオペレーションに影響する課題を軽減する為に、当局と共に取り組んでいく積極的な姿勢を示しています。」と説明した。

 キプロスの規制当局のリーダーとして、現在Kalogerou氏は、人気を集めているソーシャル取引とコピー取引について取り組んでいる。まだこれらの取引手法についての状況は明確になっていない。英FCA等の一部の規制当局は、規制の導入を前にしてこれらの取引が投資助言もしくはポートフォリオマネージメントとして見做すかどうか迷っている段階である。

インタビュー全文はこちら

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement