ケニアの金融市場が勢いを増す、ナイロビ証券取引所のIPO大成功を収める

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

nairobi-stock-exchange-in-kenyas-capi ケニアの主要株式取引所である、ナイロビ証券取引所(NSE)のIPOは、東アフリカ最大の経済で成功を収めた。待望のナイロビ証券取引所のIPOは東アフリカの投資家に歓迎され、ナイロビ証券取引所は、アフリカで2番目の規模を誇る上場取引所となった。ナイロビ証券取引所の株は9月9日に取引され、発行された6,600万株のうち380万株が同日に取引された。ボラティリティの急増がマーケットを直撃し同日中、株価は急伸した。

 取引所によると、発行価格よりも83%高値でクローズし、同日中の株価は2倍になったという。取引所のデータは、ナイロビ証券取引所株が0.1ドルで出され6.6倍以上になった事を公開した。

 また、ナイロビ証券取引所への参加会員になるための規則変更も発表された。同取引所に多くのプロバイダーを呼び込む為に、同取引所の会員費を削減する方針でいる。これまでブローカーや銀行は280万ドルを支払ってきたが、新しい方策ではその10分の1の28万ドルに引き下げるという。

 ケニアは、アフリカ大陸で最も早く発展している国の一つで、アナリストの推定によると、観光事業、電気通信事業、建設業のような多くの主要セクターが発展している為、2014年の同国のGDP成長率は5%を超えるとされる。

 ケニアは、現代の取引環境に匹敵する政策や改革を数多く行ってきた。2013年12月、ケニア政府はデリバティブを含む新しい金融商品を育てる新規制を導入した。同国の金融規制当局、資本市場局(CMA)は、金利レート先物、通貨、コモディティの新デリバティブ商品を取り入れる計画をしている。ナイロビ証券取引所は2010年にオンライン取引を開始している。

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement