メタトレーダー5、イスタンブル証券取引所と統合、着々と進む主要取引所との接続

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

 メタクオーツ社はメタトレーダー5(MT5)が、イスタンブル証券取引所に対応したことを発表した。この統合により、メタトレーダー5のゲートウェイがイスタンブル証券取引所(Borsa Istanbul)に接続され、ブローカーは同取引所でのVIOPセクションの先物とオプション取引へのアクセスをトレーダーに提供する事ができる。2013年4月に設立されたイスタンブール証券取引所は、イスタンブル証券取引所、イスタンブル金取引所、トルコデリバティブ取引所が統合してできた取引所である。メタクオーツ社によると、イスタンブル証券取引所のVIOPセクションは、30億(13.5億ドル)トルコリラ建ての日次取引最高値を2013年末に記録した。会員数は280にのぼる。MT5をイスタンブル証券取引所に対応させるというメタクオーツ社の意向は、2013年に発表されており、統合は、昨年完了するものだと期待されていた。

borsa-istanbul-metatrader-5-300x208 この統合は、メタクオーツ社が、世界中の主要取引所に対応したプラットフォームを完全させるという戦略に基づいている。2013年は、シカゴマーカンタイル取引所(CME)ワルシャワ証券取引所オーストラリア証券取引所との統合を完了した。2012年のブラジルBOVESPAとの統合により、今年初め、現地ブローカーであるXP Investimentos社はMT5導入に至った。

 FXやCFD取引等の非取引所取引に特化して構築されたメタトレーダー4とは異なり、MT5は、取引所やリクイディティに取引やデータを直接メッセージング出来るゲートウェイを提供している。これについて、同プラットフォームで取引所取引を顧客に提供すると契約している非FXブローカーに加え、フォレックス・マグネイトは、少なくても1社の大手米国業者がメタクオーツ社と、エクイティやデリバティブトレーダーにMT5を提供する事について事前に議論した事を認識している。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement