独占記事:ZuluTrade社、日系企業買収し子会社設立、アリーナFX社と提携し日本初の導入へ

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

ZuluTrade FXコピートレード、自動売買プラットフォームのパイオニア的存在であるZuluTrade社は、Market Crew Investment Advisor社買収を通じて日本市場への拡大をフォレックス・マグネイトに伝えた。さらに、同社は初めて日系ブローカーに導入される予定である。

 東京を拠点とするMarket Crew Investment Advisor社は、ZuluTrade Japan社として社名変更し、ZuluTrade日本版ウェブサイト、zulutrade.co.jpを運営する予定だ。ZuluTrade Japan社は、関東財務局長に金融商品取引業者として登録され、一般社団法人日本投資顧問業協会に加入している。

 ZuluTrade Japan社CEOの加藤 学氏は、証券会社出身で2006年にMarket Crew Investment Advisor 社を立ち上げた。同氏は、金融業界の経験も豊富で、かつ自身でトレーディングシステムを開発していた。

JP_ArenaFX 加藤氏は「ZuluTradeの自動売買プラットフォームは日本のFX投資家にとって、魅力的な代替えプラットフォームです。日本でZuluTrade Japanを設立できた事を非常に嬉しく思います。このプラットフォームの高度なアルゴリズムシグナル自動売買テクノロジーは、皆様にとって大きなメリットをもたらします。」とコメントした。

LeonYohai

ZuluTrade CEO Leon Yohai氏

 このZuluTrade Japan設立により、日本で最初にZuluTradeを導入したブローカーは、東京のアリーナFX社(2002年設立)だ。同社は9月5日からサービスを開始した。

 日系ブローカーによるZuluTradeのローンチは、インヴァスト証券がZuluTrade社の競合のミラートレーダー開発社であるTradency社の株主(14.99%)になった動きへの反応とも見れる。

 ZuluTrade社設立者兼CEOのLeon Yohai氏は、「今回日本で規制を受けるブローカーと提携する事で、同国内でZuluTradeを導入できる事を大変嬉しく思います。日本はZuluTradeの戦略的市場であり、ブローカーとの提携に利益をもたらすと同時に、当社の長期的成長の目標をサポートする重要なパートナーシップに投資を行っています。日本は当社のグローバルプレゼンスを増大させるでしょう。」とコメントした。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement