SEC マーケットデータ配信業務に問題があったとニューヨーク証券取引所に罰金

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

NYSE Euronextは、取引所データの開示タイミング・ルール、全米市場システム規則(Regulation National Market System)、第603(a)に違反しているとSECから申し立てを受けた件について、SECと和解に至ったと発表した。SECは、NYSEが取引記録の電子的保管義務にも違反していたと報告した。NYSE Euronextは、SECに罰金として5百万ドルを支払い、併せて米国取引所の現行ルール 603(a)にコンプライアンスするために独立したコンサルタントが推奨する改善を行うことに合意した。

SECの申し立ては、2008年から2010年半ばにかけてのNYSEの市場データの配信スピードがシステム間で時差があったことを問題視している。SECは、その期間、NYSEが独自の2つのデータフィードを通して、マーケットデータを配信していたが、集計テープでのマーケットデータの配信が一方より若干遅れていたのが、問題となっていた。このミリセカンド(1000分の1秒単位)レベルの遅れの解決は、すでにテクニカルな問題としては解決されている。
フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement