インターコンチネンタル取引所、8月のFX日次平均取引、25%増加

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

ICE インターコンチネンタル取引所(ICE)は、8月取引高を発表した。USドルインデックスとFXの先物とオプションを含んだ日次平均FX取引高は、25,000枚に達し、前月の20,000枚から25%増加、前年比だと28%減少した。年度累計の日次平均取引高は8月で24,000枚、前年同月比40%減少した。

2014年8月実績ハイライト

  • 先物・オプション取引の日次平均取引高は、440万枚で前年同月比11%減少
  • コモディティ取引の日次平均取引高は、前年比13%減少、エネルギー取引の日次平均取引高は13%減少、石油取引の日次平均取引高は、6%増加
  • NYSEのUS現物株式とオプション取引の日次平均取引高は、前年比でそれぞれ7%減少、8%減少
  • US現物株式市場シェアは、22.9%、USオプション市場シェアは22.6%

 先月、2014年6月30日締めの第2四半期実績が発表されたが、ICEに帰属する連結純利益は226百万ドルで、前年同月比47%増加、連結収益は750百万ドルに達し、前年同四半期比102%増加した。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement