OANDAジャパン社、メタトレーダー用VPSサービスを拡大

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

JP_OANDAJapan メタトレーダーのEAユーザーの間で注目されているVPS(仮想サーバー)。自宅のPC、スマホ、タブレット端末などから、仮想のデスクトップへリモートでアクセスする事ができ、トレーダー自身のパソコンの電源を切っていても仮想サーバー上でMT4、EAを24時間稼働出来るものである。現在日本国内では、アルパリジャパン社、FXCMジャパン社等がメタトレーダーのVPSサービスを提供している。

 そして、先週OANDA Japan社もVPSサービスに関するリリースを発表した。既に同社は、実際に自動売買をしている投資家が設立したVPS会社『Beeks FX』のVPSサービスを提供し、超低レイテンシーを売りとしていたが、これは英語サポートのみで上級者向けのサービスであった。

 今回OANDA Japan社が発表したのは、アルパリジャパン社も導入しているGMOインターネット株式会社提供の『お名前.com』の国内VPSサービスである。これは初心者・中級者向けとされており日本国内にサーバーが設置され、日本語でのサポートもある。

 また、元々メタトレーダーはMAC OSに対応していないが、VPSサーバーを使用する事でMACからメタトレーダーにアクセスする事も可能である。

 OANDA Japan社は『お名前.com』の国内VPSサービスで60日間の無料トライアルを設け、初心者やEAのバックテスト、フォワードテスト向けにアプローチを行っている。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement