大阪取引所、FX取引高前月比23.3%増加、前年同月比72.3%減少

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

Japan_Exchange_Group 日本取引所グループ(JPX)は、大阪取引所の株式、デリバティブ、証券、先物、取引所FX(OSE-FX)の8月取引高を公開した。

 8月の取引日は21日で、OSE-FXの月間取引高は111,007枚、日次平均取引高では5,286枚であった。取引高は前月比で23.3%増加(20,951枚)した。日次平均取引金額は6,011百万円で、月間では126,223百万円であった。前月比26.1%増加(26,129百万円)。

 一方、前年同月比での結果は悪く、OSE-FXの取引高は289,123枚(-72.3%)減少、取引金額では298,378百万円(-70.3%)減少した。

 OSE-FXの実績は東京金融取引所と同様のトレンドを示しており、東京金融取引所のくりっく365は前月比15.1%増加であったが、前年同月と比較するとまだ40.6%も下回っていた。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement