米CFTC、FX詐欺に資金凍結の緊急命令、提訴

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

cftc-1 米商品先物取引委員会(CFTC)は、Ralph Metters被告に対し、彼が関与したFXスキャンダルに関連する資産を凍結させる緊急措置を講じた事を発表した。

 CFTCは、先週初め、メリルリンチ社が顧客へ過剰請求をした件に対して120万ドルの罰金を課した。CFTCが今回取り締まったRalph Metters被告はMalachai “Moe” Levyという別名を使用し、Destiny FX社のオーナー兼オペレーターでもあった。

CFTCは、同被告が2013年10月のFX取引に関連し、50万ドル近くの資金を個人から不正に集めた行為について彼を有罪とした。

 Metters被告は、顧客に対し資金が利益を生み出す為に運用されていると伝えていたが、実際は彼が資金を持ち逃げし、顧客から集めた50万ドルの内少なくても385,000ドルを横領した。

 今回の一連の詐欺行為について、Metters被告は賠償金、民事制裁金、取引行為の永久的禁止に直面している。

【関連記事】

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement