日産センチュリー証券、FXと同プラットフォームで、店頭株価指数CFDを提供予定

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

JP_NissanCenturySec 日産センチュリー証券は今月29日(金)から、店頭株価指数CFD取引(アクセスIndex)の取扱を開始する事を本日発表した。

 今回開始される店頭株価指数CFD取引は日本、米国、英国など、国内・海外市場から厳選した主要6銘柄、JPN225(日本株価指数)、UK100(イギリス100種株価指数)、NAS100(ナスダック100種株価指数)、US30(NYダウ平均株価指数)、HKG33(香港株価指数)、SPX500(S&P500種株価指数)である。提供開始に至った背景には、やはり顧客からの多くのニーズがあったという。店頭の株価指数CFD取引という事で、手数料は無料、時間外取引も可能となる。また限月が無いため決済期限を意識する必要がない。

 注目は対応プラットフォームである。同社が提供する店頭FXと同じVTトレーダーとTrading StationⅡ、スマートフォンツールの3ツールが使用できる。同社によると、日経225の取引にシステムトレードを活用するユーザーが多い為、システムトレードで有名なVTトレーダーが使えるとなると投資家にはかなりメリットになるという。同じくシストレで有名なプラットフォーム、MT4で株価指数やコモディティを提供しているのは国内で数社しかいない為、差別化のポイントになるだろう。

 FX市場はこれまでに類を見ないほどの低ボラティリティから抜け出せない状態であり、投資家はボラティリティの高い株やコモディティ等別のアセットクラスに注目している。そんな中、今回の店頭株価指数CFD取引の導入により、同社で店頭FXの取引をしていた既存ユーザーが使い慣れたプラットフォームのまま、新たなアセットクラスを容易に追加する事が出来る。

 日産センチュリー証券はプラットフォームの拡大や、提供商品の多様化に積極的で、直近では商品CFD取引を追加し、昨年は店頭FX取引にも後発組にも関わらず堂々と本格的参入を果たした。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement