速報:BT Prime社とBoston Prime社に差し止め命令の訴訟

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

boston-technologies-300-250 フォレックス・マグネイトが入手した裁判所の情報によると、BT Prime社とBoston Prime社を保有するベリーズ拠点のBT Trading社に対して差し止め命令が申し立てられた。これは、Boston Prime社前CEOそしてBoston Technologies社共同創設者兼COOであるKevin Millien氏によってベリーズの最高裁判所で起こされた。この訴訟はBoston Technologies社の現CEOであるGeorge Popescu氏とベリーズで登録されているエージェント、Alpha Services社が対象となっている。

 Boston Technologies社に関するこの事件は、Forexware社によるBoston Technologies社の企業支配権買収の可能性や、CFHグループがBoston Technologies社の50%を買収する表明をしている中で明らかとなった。

 フォレックス・マグネイトのレポーターは、Boston Technologies社共同設立者兼Boston Prime社前CEOであったKevin Millien氏に本件についてコメントを求めた。彼は、CFHグループへの所有権譲渡を完了させる為にベリーズを訪問している間、彼はBT Trading社が増資されている事を知ったという。

 彼はフォレックス・マグネイトに「これは私に無断で同意も得ずに行われ、帰国数日前に私は取締役から外されていました。登録エージェントであるAlpha Services社はこの取締役会の決議案のコピーを私に提示する事を拒否しました。資本構成や取締役会の構成の重大な変更には取締役会の合意が必要です。ベリーズから帰国する6月23日月曜日の直前の20日金曜日付けで私は取締役から外されていました。」と語った。

 彼は、被告らに対するこの訴訟についてこう説明した。「この事実が発覚し、私はベリーズの弁護士を雇い、私の所有権が完全に復活し、取締役として復位するまで、同社によるいかなるアクションも阻止する差し止め命令を求めました。」

Claim No. 325 of 2014

 以前フォレックス・マグネイトのレポーターによって得られた情報に基づき、Popescu氏に同社の所有権構造について6月初旬に尋ねたところ、彼は当時株式所有権の希薄はなく、所有権は50:50に分けられていると述べた。

 しかし、下記の書類を見てみると、所有権構造は昨年7月に変更されていた。Boston Technologies社は本件に対してノーコメントである。

IMG-20140523-WA0000

BT Trading LTD, Register of members

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement