独占インタビュー:イスラエル証券小委員会議長が語る新FX規制

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

ISA-long-logo-300x48 イスラエル証券庁(ISA)は、この2-3年間でFXとCFD取引に対して特定の法令を設け同庁の管理下に置こうと取り組んできた。今年5月、フォレックス・マグネイトはこの規制が約3か月で完成する見込みである事を報じたが、今それが現実化となりつつある。

 日曜日、イスラエル国会の証券小委員会はこの新規制を可決し、あとは全委員会の最終承認を待つだけとなった。

新規制の主要項目

1.ライセンス:ブローカーはイスラエルでの営業に対してISAにライセンス申請をする必要がある
2.レポーティング:ブローカーは顧客資金保護の為、ISAに報告書を提出する必要がある
3.レバレッジ:高リスクの金融商品については5%、中程度リスクについては2.5%、低リスクについては1%
4.利益相反:ブローカーは顧客に提供商品について助言を行う事は出来ない
5.顧客資金:顧客資金は自社口座とは分別し、第三者機関の信頼のおける口座に保管される必要がある
6.顧客報告書:ブローカーは顧客の入出金、取引、コミッション、手数料、金利等全てのアクティビティについて隔週レポートと月間レポートを顧客に提出する必要がある
7.顧客審査:ブローカーは、顧客が金融商品のメカニズムについて完全に顧客が理解し、取引に十分適格であるかを確実にする必要があり、ブローカーはその全手順を記録する必要がある

独占インタビュー

国会議員ならびにイスラエル国会証券小委員会の議長であるBoaz Toporovsky氏は、Trade Arenas(イスラエル国会による公式なFXとCFD業者の呼び名)に対する規制プロセスの指揮を執っている。日曜日の承認が下される前に、フォレックス・マグネイトは彼にこのFXの新規制について話を伺った。

Boaz Toporovsky, Chairman of the Securities Sub Committee, Knesset

Boaz Toporovsky, Chairman of the Securities Sub Committee, Knesset

FX/CFD業者に関する新法律制定の進捗について教えてください

2010年からあったこの法案は、規制の準備に遅れがあった事から施行には至っていませんでした。この規制について議論する必要があり、それこそがこれまで小委員会が行ってきた事です。私達は、あと数週間でこの規制に対する準備を終え、その後金融委員会で最終版が承認されるものであると見込んでいます。私は、イスラエル国会の会期の終わり、つまり8月初旬までにはこのプロセスが終了すると予測しています。

FX/CFD業者にどのような制限が設けられる事が予測されますか

FX/CFD業者はイスラエル証券庁の監督下に入り、最低資本要件、顧客資金の保護、取引の公平性を求められます。また、レバレッジについても特定の制限が設けられるでしょう。

FXのレバレッジに最大25倍までの制限がかかると聞きましたがいかがですか

最大レバレッジは100倍となる予定です。

同委員会は、この厳しい新規制によって、イスラエルFX/CFD業者が海外FXブローカーを相手に生き残る事ができないだろうという懸念をお持ちですか?

当委員会と私自身、公正な取引に必要な事と顧客資金保護のバランスを保つ為に最善を尽くしています。世界の大半では規制が存在し、他国、特にヨーロッパに負担をかけない様努めました。

規制施行の結果、イスラエルトレーダーが他国の業者を選ぶ危機はないのですか

他国のFX/CFD業者はイスラエル国民を法律上勧誘する事が出来なくなります。イスラエルトレーダーは、イスラエル業者から確かな顧客保護と公正性を得る事が出来、これは同国内での投資を促進させるでしょう。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement