モスクワ取引所、6月の取引高上昇、続くウクライナ問題で前年比大幅増加

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

MOEX_logo モスクワ取引所の日次FX取引高は前月から4.8%増加し5,100億ドル(17.5兆RUB)になった。前年同月比では26%増加である。スポット取引のシェアは28%で、残りの72%はスワップ取引である。

 同取引所の合計取引高は、1.08兆ドル(37.15兆RUB)で、株式、貴金属、デリバティブ等のその他アセットでは増加を見せた。ウクライナ問題でロシア市場のボラティリティは弱まらず、前年比を着実に上回る結果となった。通貨はこの数ヵ月で安定化したが、ウクライナとの緊張関係がロシアの外国為替市場に未だ影響を与えたまま7月の第1取引日を迎えた。

Moscow_Exchnage_June

モスクワ取引所日次平均FX取引高(単位:兆RUB)

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement