注目記事:不振なFX市場影響でインテグラルUK支店、大量リストラ

フォレックス・マグネイト日本版より配信】

Integral Integral Development Corporation(インテグラル)社のリストラに関するニュースが得たが、取引アクティビティが縮小し続けるこの時期、想定外の事ではない。

 フォレックス・マグネイトは同社の米国本社がロンドン支店の大規模な人事異動を行った情報を得た。この動きの背景には取引高に左右される取引業者にのしかかる厳しいオペレーション状況が背景にある。

 インテグラル UK社の多くのスタッフが同社を離れ、銀行、ブローカー、ヘッジファンドに数多くのソリューションを提供するこの法人FX業者は、取引高減少の影響を受けたものであると見られている。

 一定の値幅を上下するマーケットにトレーダーが熟考している為、大手執行機関の取引アクティビティは大幅に落ち込んでいる。

 インテグラル社はスタンフォード大学の卒業生Harpal Sandhu氏によって1993年に設立された。設立以来、同社は法人FX市場での信用あるビジネスを確立、米国、UK、日本、アジアに支店を構えでグローバルに営業している。

 デリバティブ分野の多くのオペレーターがこの厳しい取引環境によりリストラを実施している。アルパリUK社、ADS Securities社、IG社を含む一部の業者では、重要な役職の人事変更も行われた。

■関連記事

フォレックス・マグネイト日本版

Advertisement